ジェイエステティック 毛抜き脱毛 Jエステ

脱毛に使う小物について

毛抜き

自己処理で行う“脱毛”だと、一番利用率が高いのは毛抜きです。
先が平らになったピンセットで直接ムダ毛を引き抜きます。
無理に引っ張ると痛く、やりすぎると肌がたるんだり毛穴が炎症を起こす可能性があります。
コツは、毛が生えた方向に向かって1本ずつ引き抜くことです。

 

眉毛は毛抜きで処理している女性が多いのですが、実は、顔の特に目の周りの皮膚は薄く敏感なため、たるみやすいと言われています。
顔の血流がよく、毛穴が開いているお風呂上りに行うと肌へのダメージが軽減できます。
蒸しタオルで顔を温めたあとに行っても良いでしょう。

コイル

スプリング、脱毛スティック、エピローラーなどとも呼ばれています。
コイルのすき間で毛を絡めとって抜く道具で、主に顔のムダ毛処理用として販売されています。
背中にも使えるような柄の長いものもあるので、使いたい場所に応じて商品を選ぶと良いでしょう。

 

商品のレビューを見る限り、多少の痛みがありますが毛はきれいに抜けるようです。
ただ人によっては、肌が荒れた、赤くなったという意見も見かけたので肌の状態や処理後の手入れも気にしながら使いましょう。

タオル

マイクロファイバーが毛を絡めとるタオルです。
自分で処理しにくい背中用のものをよく見かけます。
体を洗う要領でで背中をこすると、ムダ毛が抜けます。直接擦るため、やりすぎると肌を傷つける可能性がありますが古い角質も取れて肌がつるつるになります。

テープ

バラエティなどで、スネにガムテープを張って一気に剥がしているシーンを見たことがありますよね。
あれを、脱毛用のテープで行います。
ワックスのように塗る手間もかからず、テ―プの範囲分一気に脱毛できるため時間が無いときでも簡単に使えます。
ただし、毛が濃い人は抜けた跡が四角くはっきりと分かるため、やりようによっては見栄えが悪くなってしまいます。推奨ヵ所は腕、脚、ワキ、ビキニラインなど。
ワックステープというものもあります。どちらによ角質ごと引きはがすため、脱毛後はしっかり肌を整えないとダメージも倍増です。