ジェイエステティック スレッディング脱毛 Jエステ

スレッディングについて

スレッディングとは糸脱毛のことです。

 

元は台湾で隋の時代から行われていた「挽面」という美容脱毛で、その後韓国やインド、ベトナムに広まったとされています。
私が最初にスレッディングを知ったのはインスタグラムで美容系のタグを見ていた時で、短時間で整っていく眉毛をみて、これは何なんだろうと思いました。

 

糸脱毛では主に顔のムダ毛やうぶ毛を脱毛します。シルクパウダーなどのお粉で顔を真っ白にして糸を滑りを良くしてから行います。
使うのは、絹糸などサロンによって様々です。
2本の糸を捻じり三角が2つつながったような形にして、肌の表面に当てて滑らせ、毛を1本ずつ絡めとって抜いていきます。

 

台湾などでは露店で行われるほど浸透した脱毛法らしく、結婚を控えた女性が既婚者に糸脱毛をしてもらうとその後の生活がうまくいくという言い伝えがあるそうです。
医療行為には当たらないため、日本でも美容脱毛サロンで施術を行っています。専門サロンもあります。

 

脱毛後は肌が敏感になるため、アイシングをしてパックなどで保湿し肌を落ち着かせて施術終了です。

メリット

糸を肌に滑らせることで、古い角質がとれるため肌がつるつるになるだけでなくトーンアップ効果もあります。
リフトアップ効果もあり、顔のたるみを引き締めてくれます。
剃刀で処理すると毛が太くなってしまいますが、脱毛なので続けるほど毛が薄くなっていきます。
施術は短時間で終わります。
レーザーなどを使わないため、シミや黒子の位置に関係なく脱毛でき比較的安価です。

デメリット

直接肌に触れて施術するため、肌の状態によっては受けられません。
額の生え際、こめかみなどは毛が太いため痛みを感じる方が多いようです。
施術後に肌が赤くなったり、発疹が出ることがあります。

永久脱毛には向かない

やりかたを覚えれば自分でも行える糸脱毛ですが、毛根から毛を引き抜くだけで細胞に作用するものではないので永久脱毛はできません。
あくまで美容脱毛です。

 

だいたい3週間に1度のペースで行うと綺麗な肌が持続します。