ジェイエステティック ワックス脱毛 Jエステ

ワックス脱毛について

ワックス脱毛は家庭でも行える脱毛方法です。
シュガーワックスが一般的で家にある材料で簡単に作ることができます。

 

専用のワックスを使い、塗った箇所のムダ毛を一気に抜き取ります。
ワックスには、塗った後固まってそのまま剥がせるタイプと、塗ってから紙をあてて紙ごと剥がすタイプがあります。

メリット

範囲や箇所を気にせず脱毛できること。
光やレーザーだと、皮膚の色素の関係で黒子などがある箇所は避けて脱毛することになりますが、ワックスは関係ありません。

 

また、ワックス自体は肌に優しい成分でできているものを選べば脱毛するとつるつるでしっとりした肌になるかもしれません!

 

毛を毛根から抜ききるため、次に毛が生えてきてもチクチクせず手触りが良いままです。

デメリット

痛さです。
自宅で行う際は、一気に剥がすと良いそうですが、大量に毛を引き抜くことになるため痛いです。

 

自己処理の難しさもあります。
市販のワックスもありますし、家庭にあるものでもワックスをつくることが出来ますが、うなじや背中など塗りにくいところはどうしても斑になりやすいです。

 

ワックス脱毛は場所を選ばないので、鼻毛の脱毛まで出来るんです。
ワックスを塗った木製の細いスパチュラを花にいれて一気に引き抜きます。当然痛いですが、ごっそり抜けます。
鼻毛って知らず知らず間に伸びてくるし、他人が見る角度によって見えているかもしれないし、定期的にカットして処理している方が多いと思いますが抜いてしまえばしばらく生えてこないのでやってみる価値はあるかもしれませんね。

ブラジリアンワックスとは

ワックス脱毛は家庭でも行える脱毛方法です。
シュガーワックスが一般的で家にある材料で簡単に作ることができます。

 

専用のワックスを使い、塗った箇所のムダ毛を一気に抜き取ります。
ブラジリアンワックス、ハイジニーナ脱毛。デリケートゾーンをワックスで処理することです。
元はブラジルのカーニバルなどでビキニを着る女性たちが、ワックスで脱毛していたのが広まってブラジリアンワックスと言うそうです。

 

こちらもワックスさえあれば、家庭でも行えます。
もちろん、専門のサロンを利用するという手もあります。

 

ただ、自宅で手作りをワックスで行うときは肌あれの恐れがあるため、腕や脚などで試して問題ないことを確認してから行いましょう。

永久脱毛には向かない

あくまで、その時点で皮膚の表面に生えている毛を引き抜く脱毛法なので、毛根や組織に作用するものではありません。

 

ですから永久脱毛はできません。
剃刀やシェーバーのように毛を切るよりは、ムダ毛処理の効果は長いです。